結果ではなく過程にコミットするパーソナルトレーニングジム。トレーニング未経験者大歓迎!/広尾駅・白金高輪駅。

2018.02.14(水)  津田鉄平

《食事管理の観点②「ホールフード」》

私は野菜や果物等、食べ物を食べる際、まるごと皮ごと、つまりホールフードで食べるようにしています。

ホールフード(whole food)とは、素材をまるごと食べると言う意味で使われています。

皮ごと食べるとどんなメリットがあるのか。

野菜や果物の皮には食物繊維が多く含まれているため血糖値の急上昇を抑えてくれます。
皮ごと食べると咀嚼回数も増えるので満腹感も得やすいです。
また、皮にこそ栄養素が豊富に含まれている物も多いです。

野菜や果物だけでなく、例えば米。
皮ごと食べると言うことは、玄米として食べると言うことです。
皮を剥いた(精白した)状態は白米ですね。
玄米は白米に比べGI値が低いので血糖値も上がりにくく、ビタミンやミネラル等の栄養素も豊富に含んでいます。

りんごにおいても、ペクチン等の栄養素は皮に多く含まれています。

皮ごと食べることのデメリットとしては、農薬等の残留物も一緒に食べてしまうと言うことです。

なので私は、皮をよく洗う、可能な範囲で無農薬野菜を選ぶ、といったことを意識しています。

ホールフードを実践するようになるとそれをきっかけに、単なる栄養素の観点のみならず、より食べ物への感謝の気持ちや本質を知ろう学ぼうとする意識が芽生えるきっかけになることもあります。
(実際、私のお客様にはそういった方が多くいらっしゃいます)

食を改善すると言うことは、食を知ろうとすることだと私は考えています。

良かったら皆さんも参考にしてみて下さい。

———————————–
HP▷ goo.gl/XvzFTE
Facebook▷ goo.gl/RiXiqT
YouTube▷ goo.gl/rsp1f8
無料インターネット講座▷ goo.gl/akukse
LINE ▷ @nqm4506z
榎本トレーナーFacebookページ
goo.gl/FPWUCA
青木トレーナーFacebookページ
goo.gl/8fji6c

この記事を書いたトレーナー
津田鉄平

津田鉄平

1984年11月9日生まれ。 現役のプロキックボクサーであると同時に、パートナーストレッチと食事管理を中心としたパーソナルトレーナーとして、多方面に渡るクライアントを担当。 プロの格闘家として、栄養学や食事管理にも精通しており、自身の経験をベースとした身体作りや体重コントロールの知識を保有。 自身のトレーニングには、フィジカルのみならずビジョントレーニングやメンタルトレーニングも取り入れており、 心と身体のバランスを重要視したコーチングに長けている。

津田鉄平のトレーナー紹介ページへ →

カテゴリー

新着記事

人気の記事