結果ではなく過程にコミットするパーソナルトレーニングジム。トレーニング未経験者大歓迎!/広尾駅・白金高輪駅。

2021.07.10(土)  TOB

『超簡単!知って得して、効率アップ、三大栄養素!!!』

こんにちは。ボディメイクトレーナーのTOBです。                                今回も、身体づくりでは欠かせないテーマをお話ししたいと思います。筋肉を付けたい、ダイエットしたいなど身体づくり、そして健康管理において、欠かせない食事!改めて、三大栄養素がどんなものか掘り下げすぎず簡単に確認していきましょう!

~ 三大栄養素とは? ~

炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質(脂肪)のことを「三大栄養素」と呼ぶ。

炭水化物

炭水化物は活動や代謝をするためのエネルギー源となります。生命活動に必要不可欠な物質です。体を動かすための大事な役割をしています。仕事への影響や集中力、身体づくりの面でも朝食には、欠かせない栄養です。不足すると脂肪細胞や筋肉細胞が分解されてしまいます。そうなると、筋肉量が減少し、結果的に代謝が低下して期待するダイエットの効果が得られないことがあります。過度な炭水化物の制限は、どんなシーンであっても良いことは少ないと言えます。

タンパク質

スポーツやトレーニングの後は、特に欠かせない栄養です。タンパク質は筋肉を構成する物質で、筋トレで筋肉を鍛える場合だけでなく、身体を作るための材料となります。また、タンパク質では、爪、毛、皮膚、歯などを形成したり、筋肉の疲労回復を手助けてくれるとても大事な栄養です。細胞の材料となるため不足が続くと、皮膚の美しさや髪のしなやかさが失われたり、貧血の原因となることもあります。他にも、細菌などへの抵抗力、免疫力の低下、筋力の低下が起こり体力も失われます。しかも、タンパク質は、体内では完全に合成することができず、糖質や脂質と違って体内に貯蔵することができません。ですので、毎日の食事から十分な量のたんぱく質を摂取することがとても大切になります。

脂質

「脂質」と聞くと、脂肪を連想して太りそう、体に悪そうだと敬遠されてしまいがちですが、質のよい油は生活習慣病の予防につながり、健康状態をよくすることに役立ちます。量より質を意識して、毎日の食事に魚、アマニ油を摂り入れるのがおすすめです。脂質は、肌の艶や臓器を守るための役割をしていたり、体温の調整や、糖質と同じく身体活動のエンジンとなる効果も担っています。しかしカロリーが高いので過度な摂取は控えましょう。

まとめ

今回ご紹介させて頂いた三大栄養素ですが、調べると細かく効果や役割がいろいろ出てきます。この栄養素は、とても身体に大事で必要不可欠です。過度な摂取をすると病気や肥満、体調不良の原因となります。この三つを意識しバランスの取れた食事を摂り、管理する事はとても難しい事ですが、ストレスのない範囲内で、少しづつ試してみましょう。

それでは、またお会いしましょう。ありがとうございました。

この記事を書いたトレーナー
TOB

TOB

ボディメイクトレーナーのTOBです。今年こそ身体を変えたい。このワードをお持ちの方、絶対変われます。 ボディコンテスト出場しています。コンテスト用に4か月有酸素運動なし。体脂肪2%まで落ししてます。 食事指導・ダイエット指導・身体づくりお任せ下さい。 NESTA-PFT/栄養コンシェルジュ保持 大手フィットネスクラブ・パーソナルトレーナー勤務

TOBのトレーナー紹介ページへ →

カテゴリー

新着記事

人気の記事